事例3:後付け可能で急な電磁波対策にも対応!

ノイズプロテクトチューブ 導入事例

D社様は、某大手食品メーカー様の専属電気工事会社です。kat-1000x669

食品メーカー様の工場では新製品製造に伴い、設備の新設やラインの増設・移管が頻繁に行われております。

その為、ノイズによる誤作動が起こらないように常に考え、配線の取り回しなどでノイズの対策を行っておりました。

その中、ノイズプロテクトチューブ(マジックテープタイプ)を検討いただき、サンプル品にて検証したところ、後付けにてノイズの対策が出来る作業性の良さと、配線の保護が行える点に非常にメリットを感じていただきご採用となりました。

ご採用後の評価としても、急な電磁波対策(ノイズ対策)を要する際にも対応が出来る                     利便性も魅力として感じていただき、自社の標準部材としてもストックいただいております。

ノイズプロテクトチューブ  導入フロー

導入前の課題
  • 従来電磁波対策(ノイズ対策)時の際、原因究明が非常に困難であった
  • 配線の取回しなどでの対策では作業に限界があった
  • 急な電磁波対策(ノイズ対策)を要する際でも工数が非常にかかっていた
ご依頼内容
  • ノイズ発生源の究明までの一時的な電磁波対策を実施する必要がある
  • 容易に電磁波対策が出来るアイテムが欲しい
  • 工数をかけること無く電磁波対策を行いたい
導入効果・改善内容
  • 原因究明までの一時的な対策としても処理が行えた
  • 作業者が容易に電磁波対策を行うことが出来た
  • 緊急時でも非常に少ない工数で電磁波対策を行えた

導入事例カテゴリー

PAGE TOP ▲